無料で簡単操作!デザイン豊富な名刺作成アプリ!

Pkobo worktime
Pkobo 初 名刺

みなさまこんにちサマー☀ピーコです

夏到来!って感じで暑くなってきましたね!

今回はわたしたちPkobochannelを皆さんに知っていただくために、今後顔となる『名刺』を作ったときのお話です。

フリーランスとして0からのスタートということで、まずは自分たちを知ってもらうためにどういったデザインにするか、どんな情報が必要かなどを決め、名刺サイズや用紙の質感を決めていきます。

今まで会社に勤めていた時は既定のデザインをそのまま発注するだけでしたが、自分たちで考えて作った名刺は思入れも愛着も沸くってもんですね!

名刺を作ったことで、組織や役職の後ろ盾のないフリーランスとしてやっていくことへの自覚とモチベーションアップにつながりました!

今後改良も必要ありなんですが(;^ω^)
みなさんが名刺を作る際に参考になればいいなと思います★

 

スポンサーリンク

名刺のコンセプト決め

まずはどういったコンセプトで作っていくかが大事ですね。
私たちの場合キーワードとなるのは”フリーランス” ”日本一周” ”キャンピングカー”というところです。
自分たちがどういったことをしているのか、会社がない分名刺をパッと見て伝わるようなデザインにしたいと考えました。
幸いロゴマークをたかぎ亭さんに作っていただいていたので、今回はそちらを使わせていただきました。
(サイトロゴ用に作っていただいたものなので、高木様に許可を頂いた上で使用しています。)

シンプルかつ可愛く😻オリジナリティもあって、この名刺から何をしている人なのか伝わること、これを意識して作成に取り掛かりました。

名刺作成アプリの紹介 Canva

コンセプトを決めたら実際にデザインを作っていきます。
便利な世の中になったので調べると色んなアプリが出てきますよね💡
その中でわたしたちが使ったのはCanvaというアプリです。
これは無料でスマホアプリでもPCでも使うことができ、名刺だけでなくロゴやサムネイル、ポスターなども作成することができます。
なによりテキストデザインが豊富で、自分のイメージに近いものを探して、そこから編集したりすることができるので遊び心も入れやすいし、しっかりと作りこむこともできます👍

まず縦か横か名刺の形を決めます。
わたしたちは横型で作成しました。
次に”氏名” ”アドレス” ”電話”などを入れます。
ほかに載せたい情報としてSNSのQRコードやHPアドレスも名刺に載せました👍
今後お見知り置き頂く方々にもっとよく知ってもらって、長くお付き合いがしていけますようにと👐✨
若干QRコードが小さくなってしまったので、読み取れるけどバランスが、、というところは要改善ですね(^^;

出来たデザインはPDF、JPG、PNGや動画などでダウンロードすることが出来ます。
アプリ内でチームを作ってフォルダ共有もできるので、共同で作成する際などにも向いてますね!
有料にすると約60,000点のテキストデザインやロゴ、フォントなども使用することが出来ますが、個人的には無料でも十分色々使えると感じましたよ😊👍

印刷

印刷はとにかく、安く!(笑)にこだわっただけなんです😂
今回はプリントプロさんに依頼しました。

サイズ  名刺普通サイズ

印刷用紙 アートポスト180㎏(紙厚0.2㎜)

表面色数 4色(CMYK)

両面カラー

部数   100部

 

納品まで約1週間ほどで、お値段955円!
お安いですが、ちゃんとした名刺が出来上がりました!✨

ちょっと心配してたんですが(笑)、想像よりしっかりした出来で大満足です😄☼

 

おまけ 名刺交換のビジネスマナー

ビジネスの場で一番最初に行われるのが名刺交換です。
お互いの名刺を交換し相手を知り、自分を知ってもらう大切な情報交換の一環ですね。
社会人になると常識としてやりますが、こういう時はどうするんだっけ?とたまに迷うことはありませんか?
名刺交換の基本的なマナーについて改めておさらいしてみましょう♪

渡す前
◆お客様に会うときは名刺は素早く出せるように準備をしておきましょう
準備不足で名刺を出すのにモタモタしてしまうのはよくないですね。

渡すとき
◆名刺は両手で持って名前や所属をはっきりと伝えます

◆テーブル越しには渡さない

◆立った状態で名刺交換を行う

受け取るとき
◆両手で受けとり、「頂戴します」と伝える

◆相手の社名や名前などに手がかからないように名刺は気を付けて持つ

◆受け取った後はすぐにしまわずテーブルの上に出しておく
相手方が複数人の場合は座っている順に名刺を並べる

名刺交換は役職の上の人から行うので、自分はどのタイミングで行うべきかその場で考える必要がありますね。
上司に続いて自分、次に後輩といった感じでその場にいる人の役職によって順番は変わりますが、さほど難しくはありません。
焦らず落ち着いて対応しましょう!

 


さて、Pkobochannelの名刺ができあがり、ますます旅への意欲が増しております😃✨
健康一番にしながら、前進して参りますので、これからもよろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で、ピーコでした🐖

コメント

タイトルとURLをコピーしました